体験・見学・お問い合わせ

離脱するということは

今日は夕方からU-13リーグの予定でしたがコロナの影響で中止になり、急遽午前トレーニングに変更しました。

午前中暑さもあったのでトレーニングの時間をコンパクトに90分に設定して行いました。

頭が働かないようになったらトレーニングの効果はありません。

ただボールを蹴ってる、身体を動かしているということにならないようにしなければいけません。

しかし90分と時間を設定した中で最後までトレーニングに残った選手は10人。半分の選手は離脱です。

体調が悪くなったら無理をしないようにとは伝えています。

無理をしてトレーニングしろとは言いません。

ただ離脱するということにもっと危機感を持って欲しい。

しんどくなったり苦しくなったり辛くなったらパフォーマンスを発揮できない。

プレーを止めてしまう。プレーを放棄してしまう。

みんなは選手である以上選ばれなければいけません。信頼を勝ち取らなければいけません。

常にピッチに立ち続けて、いつでも試合に出る準備ができているということを示さなければいけません。

トレーニング以外の時間の過ごし方はどうなのか。

食事、睡眠をしっかりとって回復できているのか。

みんなが競争、強化の高校年代に入っていけるように日々指導を行なっていきます。

今のメンタルでは厳しい。

今日のトレーニング後にも選手たちに伝えました。

弱い自分と向き合い闘い続けなければいけません。

そして素晴らしい環境で日々活動できることが当たり前ではない。

コロナの影響でいつ活動が停止になってもおかしくない。

このようなことを考えるとトレーニングを離脱している場合ではない。

ただ自分の意識次第ですぐに変化を起こせることができる。

グラウンドに来ることが目的にならないように。

中学年代で何を学び何を獲得してどう次の年代へ繋げることができるか。

こだわりを持って指導していきたいと思います。

error: Content is protected !!